ロケットリーグ 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『バックボード』とはどんな意味?

『バックボード』とは、eスポーツの人気タイトルでもあり、全国高校eスポーツ選手権のゲーム種目でもある『ロケットリーグ』の中で使われる専門用語です。

ぜひ、この機会に用語の意味と有効な使い方を学んで、試合で試してみましょう!(下につづく)

バックボード

『バックボード』とは、フィールド上にあるゴール付近の壁のこと。

ロケットリーグでは、サッカーと違ってボールが場外に出るということがありません。
360度が壁に囲まれているので、どこに当たってもボールが返ってくる仕様になっています。

その中でもボール付近に存在するバックボードは、ロケットリーグの攻防における重要なポイント。
まずは敵陣のバックボード目掛けてボールを飛ばし、その跳ね返りに車体を合わせてゴールを狙うのが基本の攻撃となっています。

守備側は、バックボードを利用したシュートを地上から防ぐのはとても困難です。
そこで有効なテクニックが、バックボードを登って守備をする“バックボードディフェンス”。

ぜひ練習して、試合を有利に進めましょう!

ちなみに…

バックボードは英語で表記すると『backboard』。
元々サッカーには存在しないものですが、バスケットボールのゴールが取り付けられている壁のことも「バックボード」と呼びますね。

ロケットリーグでは、それを参照にこの名称が付けられたものかと思われます。

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-ロケットリーグ, 「ハ」行
-, , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2021 All Rights Reserved.