2D格闘ゲーム系 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『ぼったくり』とはどんな意味?

『ぼったくり』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの格闘ゲームで使われる専門用語です。

相手の知識不足を突いて、試合を有利進める連携を意味する言葉です!

ぼったくりとは

『ぼったくり』とは、相手の知識不足を狙い撃ちする連携なので、相手に十分な知識があると機能しないのが特徴でしょう。

使用人口が少ないキャラや、あまり多くのプレイヤーに使われていない技などで『ぼったくり』は起こりやすいです。『ぼったくり』は、確定反撃をするのが難しい技や、対空するのが難しいジャンプ攻撃、有利フレーム不利フレームがわかりにくい技などでよく見られます。

格闘ゲームのあらゆる技には大なり小なり、必ずリターンとリスクが存在します。しかし互いのプレイヤーが正しくリターンとリスクを認識していないと、話は変わります。『ぼったくり』を仕掛ける側のみがリターンの大きさを知っていたり、仕掛けられる側がリスクを与える方法を知らなかったりするからです。そうなると、本来はハイリスクハイリターンの連携が、ローリスクハイリターンな技として扱われる場合があるのです。

ちなみに、世間一般では「ぼったくり」は法外な金銭を要求する商品やサービスを意味します。格闘ゲームでは、そのネガティブなイメージを引き継いだ別の意味の言葉だと認識してください!

『ぼったくり』を使うことで勝率が上がる可能性は高く、また『ぼったくり』の対策をしっかり身に着けておけば、一方的な内容で敗北することはなくなるでしょう。

 

-2D格闘ゲーム系, 「ハ」行
-, ,