Apex Legends 「ナ」行

【保存版】eスポーツ用語『ナーフ』とはどんな意味?

『ナーフ』とは、主にオンラインのeスポーツでよく使われている専門用語の1つです。

ここでは『ナーフ』の持つ本来の意味を解説し、似たような意味を持つ『デバフ』との違いについても紹介していきます。

ナーフ

『ナーフ(nerf)』とは、英語で『弱体化する』ことを指したネットスラングです。

パッチやアップデートなどで、全体のバランス調整のために武器やキャラクターのスキルなどが下方修正されることを表します。また、『ナーフ(nerf)』の対義語としては、「上方修正」である『ビーフアップ(beef up)』が当たります。

『ナーフ(nerf)』の由来としては、1990年後半から〜2000年前半頃にかけて流行したオンラインゲーム「ウルティマオンライン」で、ある武器が下方修正をされてしまったことを受け、アメリカのプレイヤーが子供向けのスポンジ製の銃の『”Nerf”のようになってしまった…。』と発言したのがきっかけだっとされています。

アップデートやパッチ修正が入った後にTwitterなどでは、『ナーフされた』などという声が上がることが多いです。

デバフとの違い

『ナーフ』と似た表現として、『デバフ(debuff)』という言葉があります。

『デバフ』も弱体化の意味を持った言葉ではありますが、『ナーフ』は恒常的な弱体化であるのに対して、『デバフ』はあくまでも一時的な弱体化であることを意味しています。

『デバフ』は元々RPG(ドラクエなど)の攻撃力・防御力・生産力を下げるなど、何かしらの攻撃を受けて一時的なダメージが与えられている状態の時によく使われている言葉でもありますが、一時的な下方修正という意味合いでRPGに限らず広く使われているようです。

Apex Legendsでのナーフとは?

Apex Legendsでは基本的にシーズンごとにナーフが入ります。

主に修正がなされやすい内容としては、レジェンドアビリティや、武器の調整がメインとなっています。また、現環境においてあまりにも強すぎるレジェンドや武器はナーフの対象とされやすい傾向にあります。

例えばレジェンドのレイスですが、チャンピオンになるには必須のレジェンドとして広く認知されています。そのため、これまでに幾度となくナーフを繰り返されてきました。

しかし、いまだに使用率は20%超えと他のレジェンドに比べて頭ひとつ抜けているので、今後またナーフされてしまったとしても大きな修正にはなりにくいのかもしれません!

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-Apex Legends, 「ナ」行
-, ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2021 All Rights Reserved.