Apex Legends Fortnite PUBG スプラトゥーン 「ア」行

【保存版】eスポーツ用語『ADS』とはどんな意味?

『ADS』とは、主にFPSなどのジャンルのeスポーツでよく使われている専門用語の1つです。

ここでは『ADS』の持つ本来の意味を解説し、どんな時に使うのかについても紹介していきます。

ADS(エーディーエス)

『ADS』とは、『Aim Down Sight』の略称です。『サイトを覗いて照準を合わせること』を指します。主にFPSのeスポーツで撃ち合いの際に出てくる用語です。

『ADS』をするとサイトを覗きながら銃を撃つことになるため視界が狭くなりますが、相手が照準に収まっていればヘッドショットを狙いやすいというメリットがあります。

また、反対にサイトを覗かないで射撃をすることは「腰だめ打ち」などと表現されます。

Apex LegendsでのADSとは?

Apex Legendsで『ADS』がよく使われるシーンとしては、遠くの敵をスナイパーライフルで撃つ場合や、ジブラルタルのガンシールドを出す場合などがあります。

一般的には遠距離線の場合にはADSしながら攻撃し、近距離の場合はADSをしないで攻撃することで敵を倒しやすくなるとされています。

レジェンドジブラルタルを選択している場合は、ADSをすることでアビリティのガンシールドが発動する仕組みになっているため、接近戦での撃ち合いの際は積極的にADSした状態で攻撃すると被弾を防げます。

TPSタイトルでのADS(Fortnite、PUBG、スプラトゥーン)

Fortniteなどの多くのTPSタイトルでは、ADSを行うと画面が少しアップになって敵を狙いやすくなるのみとなっています。
対照的に『PUBG』でのADSはFPSタイトルと同じような一人視点になります。
さらに『スプラトゥーン』ではそもそもADSが存在せず、ADSに当たるボタンを押すとイカ状態になることができます。

このようにTPSタイトルでのADSは作品によって様々。
まずはゲームごとの操作性や特徴に慣れることが大事ですね!

「エイム」との違い

単に「エイム」という場合は主に「狙いを定めること」を指します。
たとえば敵を狙って撃つのが上手いことを「エイムが上手い」とは言いますが「ADSが上手い」とは言いません。

誤って使っても何となく意味は通じますが、しっかりと意味を理解して使い分けたいですね♪

オススメ
【保存版】eスポーツ用語『エイム』とはどんな意味?

『エイム』とは、FPS、TPS、系の戦争、戦闘をテーマにしたeスポーツ ...

続きを見る

オススメ
【保存版】eスポーツ用語『追いエイム』とはどんな意味?

『追いエイム』とは、主に『Apex Legends』や『Fortnit ...

続きを見る

 

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-Apex Legends, Fortnite, PUBG, スプラトゥーン, 「ア」行
-, , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2021 All Rights Reserved.