スマブラ 「サ」行

【保存版】eスポーツ用語『最後の切りふだ』とはどんな意味?

『最後の切りふだ』とは、格闘ゲームの祭典“EVO”でもトップクラスの人気を誇るeスポーツタイトル『大乱闘スマッシュブラザーズSP』の中で使われる専門用語です。

ぜひ、この機会に用語の意味を学んで、知識と技術を深めましょう!(下につづく)

最後の切りふだ

『最後の切りふだ』とは、試合中に出現した「スマッシュボール」を破壊したファイターが1度だけ放つことのできる、範囲、威力ともに超強力な技のこと。

3作目の"スマブラX”から採用されたシステムで、技の内容はファイターによって異なります。
不要な場合は、アイテムスイッチでスマッシュボールをOFFにすれば使えないようになりますよ。

複数プレイヤーでの大乱闘では、うまく使えば他の全ファイターを撃墜できるほどの一撃を放つことが可能です!

ちなみにスマッシュボールが出現するルールの時のみ起こる、"てかげん最後の切りふだ”というシステムもあります。
こちらは、得点やストックが他のプレイヤーと比べて大きく不利なプレイヤーが撃墜された時に、稀にスタンバイ状態で復活!

復活後すぐに『最後の切りふだ』を使えるので逆転の大チャンスです!
負けている時も最後まで諦めずに戦えば、何かが起こるかも?

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-スマブラ, 「サ」行
-, , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2021 All Rights Reserved.