2D格闘ゲーム系 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『ファジーコパン』とはどんな意味?

『ファジーコパン』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

相手の攻めに対し、最速ではなく、数フレーム遅らせてコパンを入力する防御手段を意味します!

ファジーコパンとは

ファジーコパン』は不利フレームを背負った場合や、被起き攻め時に有効な防御手段の1つです。不利フレームを背負った場合と被起き攻め時では、異なるメリットもありますので、それぞれ解説いたします。

不利フレームを背負った場合の『ファジーコパン』は、相手の打撃重ねをガードし、タイミング次第では相手のシミーグラ潰しにリターンを取れます。『ストリートファイターV』ではグラップのリスクが大きいので、グラップを狩る攻めの選択肢に対し有効な『ファジーコパン』が注目されました。

次に被起き攻め時ですが、密着の起き攻めを迫られている場合は、不利フレームを背負った場合と同じメリットがあります。一方、遠めの起き攻めを迫られている場合には別のメリットがあるのです。遠めの起き攻めとは打撃は重なるが、投げは重ならない状況を指します。この状況では打撃重ねと歩き投げが疑似的な二択になります。これに対しての『ファジーコパン』は、打撃重ねはガードし、歩き投げにはコパンをヒットさせることができます。

『ファジーコパン』は少し難しいテクニックですが、防御を強固にするには必須のテクニックなので覚えておきましょう!

-2D格闘ゲーム系, 「ハ」行
-, ,