eスポーツ雑学

GG BOYZとは何者か?

現在、日本で大きな波になっているゲームブーム。子供から大人までに親しまれ、一度はゲームをプレイしたことがあるでしょう。

さらに近年では、ゲームで戦うことを『eスポーツ』と呼び、スポーツの一種として扱われるようになりました。それに伴い、プロゲーマーも生まれ、ゲームが職業となっている人々も多く生まれています。

また、個人のプロゲーマーだけではなく、eスポーツチームも誕生。多くのゲーマーたちが活動しているのがeスポーツチームであり、日本だけではなく、世界で活躍するチームも数多くあります。今回は、日本トップクラスのプロeスポーツチームである『GG BOYZ』を紹介していきます。

歴史

GG BOYZは4名の人気プレイヤーからなるゲーミングチーム。人気ゲーム『スプラトゥーン』で活動しており、これまでには、2018年6月の「Splatoon2 World Champion(E3)」で優勝、「第3回スプラトゥーン甲子園2018」(2018年2月開催)、「第4回スプラトゥーン甲子園2019」(2019年1月開催)の2大会連続で優勝を果たしてきました。

2017年にはCyberZ社とスポンサー契約を締結。スプラトゥーンの世界では知らないものはいないほどの人気チームとして名を知らしめています。

 

部門

基本的には、チームとしてはスプラトゥーンのみで活動。チーム"SnowballFight"(メンバー:ダイナモン、えとな、やまみっちー)が元となり、活動しています。たいじ、ダイナモン、えとな、やまみっちーの4人で活動しており、スプラトゥーン甲子園・スプラトゥーン世界大会を連覇するなど数多くのタイトルを獲得しました。

 

ですが、2019年11月にやまみっちーが学業専念のため、卒業。3人での活動となっていますが、メジャー大会の際には助っ人メンバーとしてれんぞーんを投入して参戦しています。

メンバーはそれぞれスプラトゥーンのスペシャリストたち。ダイナモンはチームのまとめ役であり、スプラトゥーン甲子園では3度の優勝を誇ります。チームのリーダー的存在であるたいじはパワプロの有名プレイヤーでもあり、読売ジャイアンツを代表する選手として活動中。日本シリーズを勝ち上がり、日本一になった経験もあり、「二刀流プロゲーマー」としても知られています。

 

まとめ

人気ゲームである『スプラトゥーン2』で絶対的な強さを誇ってきたGG BOYZ。過去に獲得してきたタイトルは『第3回スプラトゥーン甲子園』、『Splatoon2 World Championship 2018』、『第4回スプラトゥーン甲子園』など輝かしいものとなっています。誰もが楽しむことのできるスプラトゥーンで圧倒的なプレイを見せているだけに、一度プレイ映像を見てみると違いがわかるかもしれません。

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-eスポーツ雑学

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2020 All Rights Reserved.