eスポーツ雑学

LoL初心者の疑問!ルーンって何?- 後編 -

(引用元:League of Legends公式HP https://na.leagueoflegends.com/ja-jp/)

 

こんにちは!

前編ではLoL始めてすぐの方がつまずきやすい「ルーン」について簡単に解説してきました。今回は、前回紹介した「栄華」の以外の4つのパスのキーストーンについて解説していきたいと思います!

こちらの記事は後編となっております。

 

ルーンパス「覇道」

覇道は瞬間火力と接近を重視したルーンパスで、キーストーンは4つあり左から順に「電撃」「プレデター」「魂の収穫」「ヘイルブレード」となっています。特に、スキルコンボの強いチャンピオンやスキル回しが早いチャンピオンが多いMIDレーン、JGでの採用率が高めです。

 

「電撃」は、3秒以内に敵チャンピオンを個別のスキルか通常攻撃で3回攻撃すると、追加アダプティブダメージを与えます。スキルコンボが強くワンコンボでのキルを狙えるチャンピオンやアサシンチャンピオンでの採用率が高く、アーリやイブリン、ゼドなどで採用されています。

 

「プレデター」は、移動速度を大きく増加させ、次の通常攻撃またはスキルで追加アダプティブダメージを与える発動効果「プレデター」をブーツに付与します。非戦闘時に詠唱することで発動することができます。現環境では「プレデター」を採用する場面が少なく、グラガスやヌヌ&ウィルンプ、シンジドなど限られたチャンピオンで採用されることもありますが、ほとんど見かけません。

 

「魂の収穫」は、体力が50%以下の敵チャンピオンにダメージを与えるとアダプティブダメージを与えて、魂を1つ収穫します。収穫した魂1つにつき5ずつダメージが増加していきます。1度にたくさんのチャンピオンへ攻撃できるAOEスキルを持ったチャンピオンで採用されることが多く、カーサスやシヴァーナなどで採用しています。

 

「ヘイルブレード」は、敵チャンピオンに対する最初の3回の通常攻撃の攻撃速度が大きく増加します。通常攻撃を素早くいれることのできるスキルをもったチャンピオンで採用され、ヴァイやレク=サイなどで使用されています。

 

ルーンパス「魔道」

 

魔道はスキル強化とリソース制御を重視したルーンパスで、キーストーンは3つあり左か順に「エアリー召喚」「秘儀の彗星」「フェイズラッシュ」となっています。特にAP(魔法)ダメージを主としているメイジチャンピオンがよく使用し、スキルを使用することで恩恵を受けられるキーストーンとなっています。

 

「エアリー召喚」は、通常攻撃かスキルでエアリーを送り出し、味方にはシールド、敵にはダメージを与えます。サポートメイジチャンピオンで味方へシールドをつけるスキルや回復スキルを持っているチャンピオンが採用しており、ルルやソラカ、ナミなどが使用しています。

 

「秘儀の彗星」は、スキルでダメージを与えた敵チャンピオンの位置に彗星を飛ばすものです。多くのメイジチャンピオンが採用しているキーストーンで、ベイガーやジグス、ラックスなどが使用しています。

 

「フェイズラッシュ」は、敵チャンピオンを個別のスキルか通常攻撃で3回攻撃すると瞬間的に移動速度が増加するものです。このキーストーンは最近バフ調整がされ、多くのチャンピオンで使用されています。グレイブスやヌヌ&ウィルンプ、ライズなどで採用されています。

 

ルーンパス「不滅」

 

不滅は耐久力と行動妨害を重視したルーンパスで、キーストーンは3つあり左か順に「不死者の握撃」「アフターショック」「ガーディアン」となっています。主にタンク系チャンピオンでの採用率が高く、TOPレーン、サポートで多く見られます。

 

「不死者の握撃」は、4秒毎に敵チャンピオンに対する通常攻撃が追加魔法ダメージを与え、体力を回復します。さらに、最大体力を恒久的に増加させます。TOPレーンタンクチャンピオンでの採用率が高く、オーンやガングプランク、サイオンなどが使用しています。

 

「アフターショック」は、敵チャンピオンに移動不能効果を与えると防御力を獲得し、その後爆発して自身の周囲の敵に大きな魔法ダメージを与えます。主に行動妨害スキルをもったサポートチャンピオンやタンクチャンピオンで採用されており、スレッシュやガリオ、ブリッツクランクなどが使用しています。

 

「ガーディアン」は、自分がスキルを使用した味方と自分の近くにいる味方を「ガード」します。「ガード」している味方か自分のどちらかがレベルに応じた一定量以上のダメージを受けると、両者がシールドを獲得します。最近のメタでは、ほとんどのサポートチャンピオンがこのキーストーンを採用しています。ラカンやブラウム、モルガナなどが使用しています。

 

ルーンパス「天啓」

天啓は創意工夫とルール創造を重視したルーンパスで、キーストーンは3つあり左から順に「グレイシャルオーグメント」「解放の魔導書」「プロトタイプ:オムニストーン」となっています。メインパスとして取り入れるのが非常に難しいルーンパスで、主にサブパスで採用されることが多いです。ただし、一部のチャンピオンとは非常に相性がよいためメインパスで採用されています。

 

「グレイシャルオーグメント」は、一定時間ごとに、敵チャンピオンに対する通常攻撃が移動速度を低下させます。敵チャンピオンに発動効果アイテムでスロウ効果を与えると、フリーズレイを発射してスロウ効果を与えるゾーンが形成されます。スロウ効果を強めることでよりスキルコンボを当てやすくなるチャンピオンでメインとして採用され、主にニーコやアーリ、チョ=ガスが使用しています。

 

「解放の魔導書」は、非戦闘時にサモナースペルを交換できるようになります。新たな種類のサモナースペルに交換するたびに、次に交換可能になるまでの時間が短縮されます。ナサスやツイステッド・フェイトで採用されています。

 

「プロトタイプ:オムニストーン」は、一定時間ごとに別のランダムなキーストーンを1回使用できるというものです。このキーストーンを採用しているチャンピオンはほとんどおらず、たまに使っている方を見かける程度となっています。

 

まとめ

前編と含めて5つのルーンパスについて解説しましたが、だいたいのキーストーンで使われるチャンピオンが法則的に決まっているのがわかったと思います。慣れてしまえば自分で効果を確認しながらルーンを組めるようになりますが、最初のうちはOP.GG(https://jp.op.gg/l=ja)などの外部のデータベースサイトを利用して組んで見るといいでしょう。

キーストーン以外の部分については機会があれば解説したいと思います。

【PR】

姉妹サイトはコチラ

-eスポーツ雑学

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2020 All Rights Reserved.