2D格闘ゲーム系 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『離し入力』とはどんな意味?

『離し入力』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

必殺技を入力する際に、ボタンを押すのではなく、ボタンを離すことで繰り出すテクニックです!

離し入力とは

『離し入力』とはボタンを離して必殺技を繰り出すという不思議なテクニックです。英語では「releasing button」といいます。多くの2D格闘ゲームでは、必殺技はコマンド入力を完成させた瞬間に、予め押しっぱなしにしておいたボタンを離すことでも成立させられます。『離し入力』がゲーム内に設定されている理由は、おそらく初心者が必殺技を繰り出しやすくするための救済システムだと考えられています。『離し入力』があれば、ボタンを押した時と、ボタンを離した時で2回分の入力をしたことになるからです。

『離し入力』は必殺技が発生しなかった時に、技が空ぶらないメリットがあります。例えば、波動拳を連続で繰り出したい場合、1つ目の波動拳が相手にガードorヒットした直後のタイミングで2つ目の波動拳を入力します。しかし、もし相手が直前にジャンプなどで1つ目の波動拳を避けていた場合、画面に波動拳が残るので、2回目の波動拳は成立せずに、通常技や特殊技が発生してしまいます。波動拳を『離し入力』していると、2回目の波動拳が成立しないだけで、通常技や特殊技が発生することはなく、無駄な技を空振りしないで済むのです。

使いこなせれば便利な離し入力ですが、意識せず必殺技が暴発する原因にもなりかねないので、必要のないときにはボタンは押したらすぐに離した方が良い場合もあるので要注意です!

また『離し入力』は、「スマブラ」では「リュウ」、「ケン」、「テリー」、「カズヤ」が使えます。

『離し入力』は上級者しか使わない高等テクニックですが、格闘ゲームを極めたい人なら会得するべきでしょう!

-2D格闘ゲーム系, 「ハ」行
-, ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.