2D格闘ゲーム系 「ハ」行

【保存版】eスポーツ用語『ヒット確認』とはどんな意味?

『ヒット確認』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

繰り出した技がヒットしたのを確認して、コンボに繋げるテクニックです!

ヒット確認

『ヒット確認』は技がヒットしていたらコンボになる技を繰り出し、ガードされていたら何もしない、もしくは別の行動を取ることを意味します。英語では「Hit confirm」といいます。

『ヒット確認』にはいくつか種類があり、「単発確認」、「状況確認」、「スタン値確認」などが頻繁に使われる用語です。

「単発確認」は、技を1発だけ繰り出し、それがヒットしていたらコンボに繋げるテクニックです。多くの場合、『ヒット確認』は技を2発以上繰り出し、その間に技がヒットしているかを確認するので、技を1発だけで『ヒット確認』する「単発確認」は高等技術とされています。

「状況確認」は「単発確認」の一種で、相手の状況を根拠に『ヒット確認』をすることを意味します。相手が前ステップや、技を繰り出している場合など、ガードができない状況であることを確認する方法です。

「スタン値確認」も「単発確認」の1つであり、技がヒットした際に相手の「スタン値」が増加するのを目視して、『ヒット確認』を行うテクニックです。「状況確認」よりも精度が高いのがメリットですが、一瞬相手キャラクターから視線を外さないといけないのがデメリットです!

ヒット確認について練習して精度を高めるには、トレーニングモードの活用がオススメです。CPUのガードをランダムに設定することで、簡単にヒット確認の練習をすることができますよ。

ちなみに『ストリートファイターV』でのヒット確認の限界猶予フレームは12フレから13フレと言われています。しかしこれは特に優れた反応を持つプレイヤーにとっての限界であり、一般的には14フレの確認も非常に困難ですよ!

-2D格闘ゲーム系, 「ハ」行
-, , , , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.