★esports★戦の時間ですよ 連載 トピック コラム

★esports★戦の時間ですよ 第1戦「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2022に参戦する話」

はじまりました。戦の時間ですよ?
どうもはじめまして。すいません、板垣と申します。

私、広島 TEAM iXAというプロゲーミングチームを運営しておる者でして、チームには、ストリートファイターや、クラッシュ・ロワイヤル、他にも複数のゲームタイトルの選手が所属しております。

今回縁あって、ゲーマーゲーマー'sPOSTさんの方で連載させて頂くことになりました。
今後ともよろしくお願いします。

さてさて、先日、ストリートファイターVのプロリーグに広島 TEAM iXAが参戦するという事が発表されました。その事について何か触れておいた方が良いのでは思い、今回メモを残す事にいたしました。

ちなみに、「ストリートファイターリーグ: Pro-JPが、2022年も開催されるよ!」という発表は今年の1月にされていたかと思います。(リーグの詳細はコチラ
そして次の発表は何かな~?と皆が首を長くして待ってた中で5月23日に追加のニュースが発表されまして、一発目が「広島 TEAM iXAが参戦!」だもんな。
そりゃビックリしますわ。

「、、へ?何でiXA?」

思ったよね?(大丈夫、自分でもちょっと思ったよ)

というわけで、今日は参入するまでの流れについて、話せる範囲の事を記しておきます。

ストリートファイターと私

それにしても、ストリートファイターとガッツリ接点を持つようになって、どれくらいが経つのだろうか。
元々は、自分で少し遊ぶ程度のいちユーザーとしての関わりしか無かったのですが、ここまで本格的に絡むことになるとは、中々感慨深いモノがあります。

プロシーンとの最初の関わりは、現在は魚群に所属している「もけ」選手と出会った所からだと思います。2017年のEVO(という世界大会)辺りなので、もう5年も前なのか。
彼に同行して、世界中の大会を観戦し、ストリートファイターのシーンに魅了されていき、徐々にコミュニティに影響を受けていった結果、現在の選手達と出会い、2019年から新たに活動を始めたのがTEAM iXAというわけです。(さらに、2021年からは広島に拠点を移し「広島 TEAM iXA」になりました)

ついでに現時点での、ストリートファイターリーグに絞った我々の実績と言いますか、関係値をメモさせてください。

まず、チームオーナー制になる前の2020年。
元々プロライセンスを所持していた「ストーム久保」選手が、ときどフレイムのメンバーとしてリーグに出場し、準優勝となりました。主に、セコンド的なポジションというか、データ分析的な面でチームに貢献していたと思います。

そしてチームオーナー制が始まった翌年の2021年。
「稲葉」選手と「ガンファイト」選手が、その年のトライアウト大会で入賞し、プロライセンスを取得しました。

表に出ている事実としては、そんな所でしょうか。

そして、正直我々にとって2021年は暗雲立ち込める状況となっていました。

2021年は、ほとんどリーグと関わりが無かった

ストリートファイターリーグには、ドラフト会議という制度があります。
そして、プロライセンスを持っている選手だけが、その会議に参加する事が出来ます。

ざっくり言うと、選手達がリーグに出場するには、そのドラフト会議で、どこかのチームから指名される必要があったわけです。
(野球のドラフト会議のような雰囲気を想像してください、まぁ本質的にはちょっと違うんですが、雰囲気という意味で)

そして残念ながら、ストーム久保、稲葉、ガンファイトの3選手とも、どのチームからも選ばれることはありませんでした。

私は、仕事の移動の合間に、コンビニの駐車場で、スマホでドラフト会議を見ていたんですが、終わった後のチームのLINEグループが、お通夜のような感じだったのを何となく覚えています。

選手達の気丈に振る舞うコメントと、リーグの舞台に立たせてあげられない自分の不甲斐なさもあり、何とも言えない複雑な気持ちになりました。

そして帰り道、普段なら飲まないようなストロング缶にそっと手を伸ばすのでした。

今、自分達にやれる事をやろう

コロナウイルスの影響が大きくなってきてから、世界中を周るようなツアー方式は影を潜め、大会やイベントのオンライン化が進み、そもそもの大会の数自体も減りました。
選手目線からすると「露出する機会が減っちゃうなー」という感じだったと思います。

そんな中、2021年は、リーグに参加出来ないどころか、数少ない大会でも思うような結果を残せずにいました。さらに悪循環だったなと。

とはいえ、自分達で出来る事をやっていこうという事で、とにかく腐らずに各自練習を続け、愚直に配信活動を続けました。
そして、自分達で大会を主催してみたり、広島に移転した事で、配信中に広島の名産を配って地元アピールしてみたり、他選手の練習相手をしたりと、地道に活動を続けていました。

おかげ様で、地元広島メディアのラジオ番組が始まったり、専門学校から講師の仕事を貰ったりしましたし、糧になりそうな事は何でもやったと思います。

ただただ、やれる事をやっていた。シンプルにそれが、直近までの活動って感じですね。

その結果

そして愚直に目の前のやれる事をやっていたら、その流れでチームとしてのリーグ参戦が決まりました。
あくまで予想にはなりますが、地方を巻き込みながらリーグを盛り上げてきたいというリーグ側の考えとマッチしたというようなニュアンスなのかな?と受け取っています。

いずれにせよ、選手達が裏で色々頑張ってきた事は事実であり、どうやったら生き残れるんだろう?と必死で試行錯誤して来た結果が、こういったリーグへの参戦に繋がったのであれば、大変ありがたい気持ちでいっぱいです。

なので、色々ポジティブに捉えて頑張っていきたいなというのが、率直な所です。

そして迎えた今年のドラフト会議

先月6月25日に、今年のドラフト会議が開催されました。
チーム構成は全部で4人で、我々のチームでプロライセンスを所持しているのが3人という事で、あと1名採用する事が出来ました。
そんな中で、クラッシャー選手という今の我々には無い力を持っている選手と、良いご縁を頂くことが出来ました。
新加入選手含め、新体制でチーム一同頑張っていきたいと思います。

↓というわけでスターティングメンバーはこの4人です↓
ストーム久保(@stormKUBO
ガンファイト(@Gunfight57
稲葉(@inaba360
クラッシャー(@crusher_sodom

ネットなどでは、「勝てるわけない」そんなネガティブな声を見かけたりする事もありますが、そこはまぁ逆境逆境。
むしろ、応援し甲斐あるじゃろ?そんなチーム。

結果もさることながら、見てて面白い試合が展開出来るようなチームを目指します。
今後とも「広島 TEAM iXA」をよろしくお願いします!

という感じで、今回はこの辺で失礼させて頂きます。
iXAの時間でした!

栄えある開幕戦は

開幕戦1on1は、8月27日、28日の16時から開催される模様!
是非ご観戦ください!
https://sf.esports.capcom.com/1on1-tournament/

●ご自由にご登録&ご連絡ください●

↓板垣の個人アカウント↓
https://www.facebook.com/onsionsi
https://twitter.com/iXAsenko

iXAの【SHOP】リニューアルオープンしました!

人材を緩めに募集してます

広島在住の方で、下記の人材を募集しています。
・チームのマネージャーやSNS運用業務に興味がある方

もし興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。
https://ixa.yarukiman.com/ 最下のお問い合わせフォームから)

 

著者:板垣護


ヤルキマントッキーズ株式会社、CEO。プロゲーミングチーム広島TEAM iXAオーナー。Facebookグループesports勉強会管理人。
最近の一言
「ちょっとだけ、広島弁が戻ってきたかもしれん」

-★esports★戦の時間ですよ, 連載, トピック, コラム

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.