2D格闘ゲーム系 「ナ」行 「カ」行

【保存版】eスポーツ用語『投げ』『グラップ』とはどんな意味?

『投げ』『グラップ』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

ガードしている相手に二択でダメージを取るための基本的な行動が『投げ』であり、その対策が『グラップ』です!(下につづく)

投げとは

「ストリートファイターV」などの2D格闘ゲームには『投げ』という技が存在します。英語では「throw」です。投げ以外のあらゆる技はガード可能ですが、『投げ』だけはガードできない特別な技です。もしゲームに『投げ』がなかったら、ガードをかためている相手にダメージを与えることは、ほぼ不可能になってしまいます。

『投げ』は2D格闘ゲーム以外にも「スマブラ」でも使われる用語です。しかし用途や使い道は異なるので、混同しないようにしましょう。

グラップとは

『グラップ』とは相手の『投げ』を無効化するテクニックで、「投げ抜け」ともいいます。「ストリートファイターⅢ3rd STRIKE -Fight for the Future-」の投げ抜けシステムである「グラップルディフェンス」の略語が元々の意味です。

多くの格闘ゲームでは正式には「投げ抜け」などの言葉が使われていますが、格闘ゲーマーの間では、「投げ抜け」=『グラップ』として認知されています。『グラップ』の元となった言葉は「グラップル」であり、「格闘技などで相手と組むこと」を意味するので、「投げ抜け」ではなく、むしろ「投げ」に近い意味です(人気漫画「グラップラー刃牙」のグラップラーも恐らくこのグラップルが由来ですね)。そのため、英語では『グラップ』を、「throw tech」といいます。まとめると、格闘ゲーマーの認知としては、「投げ抜け」=『グラップ』=「グラップルディフェンス」です!

相手の『投げ』を受けてから、数フレーム以内に、こちらも『投げ』を入力することで、相手の『投げ』を無効化し、立ち回りに戻すことができます。これを『グラップ』といいます。『グラップ』は、相手の『投げ』を目視してから入力するのは基本的に不可能です。そのため、ガード読みの『投げ』をするのか、『グラップ』読みの打撃をするのかといった単純な読み合いが生まれます。

ちなみに「鉄拳」シリーズにも『投げ』はありますが、2D格闘ゲームとは異なり、難しいながらも目視してから「投げ抜け」ができますよ。

『投げ』『グラップ』は2D格闘ゲームの接近戦の根幹を担うシステムなので、覚えておきましょう!

 

-2D格闘ゲーム系, 「ナ」行, 「カ」行
-, , ,