eスポーツ団体 トピック 独占取材

新形態でのオープンから3か月!LFS池袋を取材しました!

池袋駅東口から徒歩3分の場所にあるeスポーツ施設「LFS(ルフス)池袋 esports Arena」(以下、LFS池袋)。以前は誰でもお手軽に最新機器でeスポーツを楽しめる施設でしたが、今年の4月からはイベントや配信を目的としたeスポーツスタジオとして新たにリニューアルオープンしました。

一体前のLFS池袋とどんなところが変わっているのでしょうか?ということで私たちゲーマーゲーマーはLFS池袋に取材を敢行!現在の施設の様子やeスポーツ施設の在り方などを熱く語っていただきました。それではお写真と共に取材内容をお届けします☆(取材日:2021.6.8)

LFS池袋 esports Arena公式HP:https://www.lfs-esportsarena.jp/

幅広く使えるeスポーツスタジオ

――本日はよろしくお願いします!eスポーツスタジオとしてオープンしてから約3か月が経ちましたが、現在の利用状況はどうなのでしょうか?

「まだ新形態でオープンして3か月ほどですが、多くの方々にご利用いただいております。平日でもプロeスポーツチームのプロモーション撮影に使っていただいたり、eスポーツ関連のセミナーや会議などといった用途で利用される方もいました。あとはeスポーツ関連以外の用途で利用する方もいます。」

 

――結構幅広い利用方法があるんですね!

「また弊社主催の大会や、毎週水曜日の19時から配信している『E5なう!』の撮影もここで行っています。あとはコロナの影響で中止になってしまったんですが、コミュニティでのイベントでもご利用される方もいましたね。」

3月より配信が始まった「E5なう!」は現在も毎週水曜日に配信中!

――新型コロナウイルスによる影響はやはり大きいですか?

「結構大きいですね。特にオフラインイベントに関しては1年以上出来ておらず、今後の再開にも不安はあります。そういった部分もあって今は配信スタジオとして活用していただいております。」

企業の方も一般の方もOK!

――お話を聞いていると配信スタジオの需要は結構高そうに思えます。

「もっと一般企業の方やコミュニティにもLFS池袋のことを知っていただきたいですね。機材の豊富さ、それに安定したネットワークや電源が常設してある会場ってなかなかないと思います。他にも会場の広さやボックスルーム、換気設備も大型のものがあるので、どんどん利用者が増えてほしいです。」

――企業の利用は多そうですが、個人でご利用される方々っているのでしょうか?

「実際コミュニティの方で利用したいという人は結構いますし、これから増やしたいと考えています。オンラインで大会を開催しているけど、家ではできないような豪華な配信や大会がしたいということであれば、弊社で機材とオペレーターを手配して行うといったこともできますよ。」

 

オンライン化が進むゲーム、eスポーツ施設が必要な理由

――今は色々なもののオンライン化が進んでいますが、あえてオフラインで行うメリットはどんなものだと考えていますか?

「1つは環境だと思います。やはり雰囲気は家では作りづらいですし、設備の問題もあると思います。ひとりで配信するには家で十分なのですが、複数人で配信する場合はこういった施設を利用した方がいいと思いますね。」

 

――確かに機材などの手間を考えるとオフラインの方がやりやすいですね。

「あとは同じ場所でゲームをプレイできることも魅力だと考えています。少し前に開催された『第3回全国高校スポーツ選手権』はオンラインでの開催でしたが、決勝戦はLFS池袋を含めた5拠点を使って配信をしたんです。なぜかというと家でプレイするとなると大会のルール的に厳しく、かといって決勝戦に進んだチーム全部を東京に集めることも難しい、だから、地方の高校生が集まりやすい場所に特設会場を準備して行いました。それにチームでプレイするならみんな集まってプレイすることが重要だと考えます。やはり同じ場所でプレイするって楽しいし、連携も取りやすいはずです。そういった点がオフラインでゲームをプレイするメリットですね。」

――チームプレイなら尚更集まってプレイすることは重要ですよね。

「みんなで集まってゲームをプレイするって絶対楽しいですよね。今の時代はオンライン上で何もかも済みますが、オフラインで集まることによって様々な機会が生まれると思うので、こうした機会を提供できる場所は絶対に必要だと考えます。ただ今の状況ではそうした環境を作ることが難しいのでそこがとても悩ましいですね。」

 

――みんなで集まれる場所ということですが、以前のLFS池袋のような誰でも気軽に立ち寄れるような体制には戻したりはするのでしょうか?

「状況によっては検討したいですが、以前と同じようにするというのは難しいかもしれません。しかし、一般のお客様がゲーミングPCでゲームを楽しめる場所は必要だと考えています。今は団体の方々や予約の方のみのご利用となっていますが、一般のお客様が使いやすいような雰囲気や価格、一般開放デーなどは設けていきたいですね。あとはeスポーツを知っていただく学びの場やセミナーなど、様々な用途で活用していきたいと考えています。」

 

――最後にこれからLFS池袋を利用したいと考えている方々へコメントをお願いします!

「弊社におまかせいただければ、豊富な設備を利用して企画を立て、大会やイベントなどを開催することができます!また弊社主催の大会や配信なども行っているので、それを見ていただいてこういうイベントを開催したいというものがあれば、お気軽にお問い合わせください。」


今回は新たにeスポーツスタジオとして生まれ変わったLFS池袋を取材しました。営業形態は変わったものの、豊富な機材や様々な用途で活用できるスタジオはとても魅力的ですね!

またオフラインでイベントを開催する魅力を再確認することができたのではないでしょうか。昨今は様々なものがオンライン化していきますが、やはりオフラインで集まってゲームやイベントで盛り上がることって絶対楽しいですよね。

是非皆さんもLFS池袋を利用して、イベントや配信を行ってみてはどうでしょうか?

LFS(ルフス)池袋esports Arenaについて

2018年4月15日、東京・池袋に誕生したeスポーツ施設。LFS(ルフス)とは"Looking for Squad"の略で、"いっしょにプレイしようぜ!"というゲームプレイヤーの想いから名付けられました。本格的なeスポーツの大会からコミュニティーイベントまで、ひとりでも仲間とでも楽しめる空間を提供いたします。

『eスポーツの聖地』を目指し、日本のeスポーツシーンの活性化に寄与してまいります。

◆ADDRESS:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-43-6 D-BOX 地下1階
◆TEL:03-5396-7402 FAX:03-5396-7403
◆MAIL:info@lfs-esportsarena.jp
◆OFFICE WEB SITE:https://www.lfs-esportsarena.jp/
★LFSを活用した配信や、主催大会などの最新情報は、E5esports Worksの各種SNSなどをご確認ください!
Twitter: https://twitter.com/E5esportsWorks
Twitch:https://www.twitch.tv/e5esw/videos

-eスポーツ団体, トピック, 独占取材

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.