2D格闘ゲーム系 「サ」行

【保存版】eスポーツ用語『詐欺飛び』とはどんな意味?

『詐欺飛び』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

ジャンプ攻撃の一種を意味する言葉です。相手の対空技を無効化しつつ、ジャンプ攻撃を重ねるテクニックです!

詐欺飛び

ダウンしている相手に対してジャンプ攻撃を重ねることを意味し、相手が対空技を出した場合にはガードできるのが特徴です。「安全飛びこみ」、略して「安飛び」とも言われ、英語では「safe jump」と表現します。

2D格闘ゲームの上級者は、相手のジャンプ攻撃を対空技で迎撃し、リターンを取るのが定石です。しかし『詐欺飛び」の場合は、対空技で迎撃しようとすると、「技がガードされる」or「技を潰される」ため、「詐欺のようなジャンプ攻撃」という意味で『詐欺飛び』と言われるようになりました。

2D格闘ゲームで起き攻めする時は、相手のぶっぱなしをケアする必要があります。しかし『詐欺飛び』ならば、ぶっぱなしの読み合いを無視して技を重ねられるため、強力な起き攻めとして認知されています。逆に詐欺飛びをされる側は基本的には対策らしい対策はほぼなく、基本的にはガードすることを強いられてしまうという特徴があります。

『詐欺飛び』はタイミングよくジャンプ攻撃を重ねる必要があり、タイミングがずれるとジャンプ攻撃が空ぶったり、相手の対空技で迎撃されたりしてしまいます。そのため多くの場合はフレーム消費を行うことで、『詐欺飛び』の成功率を上げます。

『スト5』や『ギルティギア』『メルティブラッド』など、多くの2D格闘ゲームで見られるテクニックですので、タイトルやキャラクターごとに詐欺飛びのやり方をマスターして起き攻めの選択肢の1つとして取り入れられると良いですね!

-2D格闘ゲーム系, 「サ」行
-, ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.