FPS/TPS全般 eスポーツ用語 Apex Legends PUBG

【保存版】eスポーツ用語『当て感』とはどんな意味?

『当て感』とは、主に『Apex Legends』『PUBG』などのFPS・TPSゲームでよく登場する専門用語の1つです。

当て感

『当て感』とは「弾が当たっている感覚」を表す言葉です。弾がよく当たる時に「当て感がいい」と言います。

センスがあってもともと当て感がいい人もいますが、練習次第では誰でも当て感をよくすることができます。当て感が悪かったとしても気にしすぎる必要はありません。

当て感を鍛える方法は?

当て感を鍛えるには、訓練場などでbot撃ちをするのがいいです。実戦を想定したキャラコンを入れながら練習すれば、当て感を鍛えられます。

また、当て感には視点移動が大きく関わってきます。特に射撃をする前の視点の位置は重要です。敵が出てきそうな場所にあらかじめ視点を向けておくことで、接敵してからすぐに射撃を開始できます。当て感が悪い人は射撃前の視点を見直してみましょう

当て感をよくするにはリコイルコントロールが重要

当て感が悪い人はリコイルコントロールがうまくできていない場合があります。リコイルコントロールをきちんとできていないと、思うように弾を当てられません。これまでにリコイルコントロールを意識していなかった人は、一度訓練場などで練習するのがおすすめです。

-FPS/TPS全般, eスポーツ用語, Apex Legends, PUBG

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.