League of Legends VALORANT 「ワ」行

【保存版】eスポーツ用語『ワース』とはどんな意味?

『ワース』とは、eスポーツのタイトル(種目)の一つである『リーグオブレジェンド(League of Legends/通称LoL)』や『VALORANT』(ヴァロラント)などの中で使われる専門用語です。

ワース

ワースとは、英語で「価値がある」という意味を持つ”Worth”が元となっています。(悪いという意味を持つ似ている発音の単語”Worse”ではありません!)

この意味から、戦う中で自分や味方がデスをしてしまったけれども、結果的にチームにとってプラスになったからOKということを意味します。

例えば、LoLにおいて自身のレーンに敵のジャングラーが介入して自分はデスをしてしまったとします。この時点では自身が損をしただけです。

しかし、それを見た味方ジャングラーが他のレーンでガンクをし、さらにタワーやドラゴンといったオブジェクトまで獲得します。結果として、チーム全体で見たときに敵は1キルのみ、こちらは1キルに加えてタワーやドラゴンといったものを獲得できたので良いことになります。

このように「自分は死んでしまったけれども、他レーンでプラスになったから結果的には良い」という状況に使われるのがワースです。

VALORANTのようなFPSでも、キルトレードの中で自身が犠牲になってしまったとしても、そのおかげで敵の位置が分かって味方がキルを取り、ラウンドに勝利できれば良いわけです。

もちろん被害を被った本人は気分がよくありません。しかし、特にキルやオブジェクト獲得のトレードを行っていきながら試合を進めていくことが多いLoLではこのような心構えが非常に大切です。

-League of Legends, VALORANT, 「ワ」行
-, , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.