2D格闘ゲーム系 「タ」行 「サ」行

【保存版】eスポーツ用語『ずらし押し』『辻式』とはどんな意味?

『ずらし押し』『辻式』とはeスポーツの人気タイトル(種目)の一つ『ストリートファイターV』などの2D格闘ゲームで使われる専門用語です。

どちらも、ボタン入力に関するテクニックです!(下につづく)

ずらし押しとは

『ずらし押し』とは、2つ以上のボタンを数フレームずらして押すテクニックです。英語では「plink」といいます。『ずらし押し』は、最速で技を繰り出したい場合に使われます。

最速で技を出したいがあまり、硬直が終わる前にボタンを押してしまうと、正しく技を繰り出せない場合がよくあります。そこで『ずらし押し』を活用して、技を入力すると、複数回ボタンを入力している分、最速で技を繰り出せる確率が上がるのです。

辻式とは

『辻式』とは、2つ以上のボタンを1フレだけ間隔を空けて『ずらし押し』するテクニックです。『辻式』と『ずらし押し」は混同されることも多く、『辻式』も『ずらし押し』同様に、英語で「plink」といいます。

多くの2D格闘ゲームでは、技の優先順位が設定されています。例えば『ストリートファイターV』では、「小パンチ」よりも「中パンチ」の方の優先順位が高いので、「小パンチ」と「中パンチ」を同時押しすると、「中パンチ」が発生します。

『辻式』は、技の優先順位を利用し、『ずらし押し』をすることで、繰り出したい技を最速で発生させるテクニックです。同時押しは1フレだけ間隔を空けて入力しても、「同時に押している」と認識されます。例えば、「中パンチ」を入力した1フレ後に「小パンチ」を入力したとします。ゲームはこれを、【1フレ目に「中パンチ」を入力し、2フレ目に「中パンチ」と「小パンチ」を同時に押した】と認識します。つまり、2フレ連続で「中パンチ」を押したことになります。

補足として説明すると、この例では、2フレ目は【「中パンチ」と「小パンチ」を同時に押した】ことになりますが、技の優先順位の関係で「中パンチ」が繰り出されます。このように、1フレ間隔の空いた『ずらし押し』と技の優先順位を利用し、繰り出したい技を最速で発生させるテクニックが『辻式』なのです!

また『辻式』は、「豪鬼」の「瞬獄殺」などの入力が特殊な技に利用されます。難解な入力が要求される場合でも、『辻式』を使えば安定させやすい場合があります!

 

 

-2D格闘ゲーム系, 「タ」行, 「サ」行
-, , ,

Copyright© ゲーマーゲーマー's POST , 2022 All Rights Reserved.